薬液過熱ヒーター

優れた昇温性能と安全な加熱法で、滴下薬液に最適

  • 少量の液体を必要な分だけ過熱できます。
  • 直接液体に触れないで過熱するため、薬液にやさしい。
  • 複数の薬液を同時に過熱できます。
カスタマイズにも対応
ヒーター容量は流量と必要とされる温度上昇値により設計いたします。
仕様目的に合わせ、最適なサイズ(径、長さ)2ライン〜5ラインでの設計もいたします。
yakueki_main.png

  • _MG_3970.jpg
    ヒーターユニットタイプ
  • _MG_3976のコピー.jpg
    滴下状況

製品特徴

軽量・小型化が可能
滴下薬液に最適な温度
優れた昇温性能
夜漏れの心配がなく安心

仕様

定格100V-100W
100V-200W
本体サイズ Φ15×L70
Φ15×L70
使用温度 〜50℃
〜70℃
流用 〜15ml/min
〜30ml/min
チューブサイズ OD1.5×ID1
チューブ材質 PFA

製品の導入分野

医療関連血液分析装置、医療用各種機器
その他 腐食性の高い薬品を少量加熱したいケース

特注仕様

被加熱流体 液体:水、各種薬液(硫酸、アンモニア水など)
各種ガス:空気、N2など
温度範囲 Rt〜150℃(テフロンチューブの場合)
Rt〜100℃(シリコンチューブの場合)
流量範囲 15ml/min(ご相談)
本体外径 Φ12〜(ご相談)
移送ポンプ出力 100V/0.15kW

ヒーター容量は流量と必要とされる温度上昇値により設計いたします。
仕様目的に合わせ、最適なサイズ(径、長さ)2ライン〜5ラインでの設計もいたします。

関連製品

お問い合わせはこちらから

高い要求に対し経験と技術で最適なヒーターを提案します。様々な問題点に対し取り扱う製品を基に既製品にはないオーダーメードの新製品も製作することが可能です。

お問い合わせフォーム