遠赤外線ヒーター

3.73ミクロンの遠赤外線波長。
パラボラ曲面等反射板による強力な反射熱

日本電熱の特殊耐熱シーズヒーターを発熱体に、高純度アルミニウム製パラボラ曲面等の反射板により、放射熱をもっとも効率よく利用できるよう設計させています。
従来の赤外線ランプ、石英菅ヒーター等の欠点を一掃し、機械的にも、電気的にも、かつ光熱学的にも合理的な放射加熱式ヒーターです。
最も効率的な3.73ミクロンの波長が得られることで、人体への暖房効果や、コーヒー豆・お茶葉などへの加熱・火入れ効果に適しています。

farinfraredheater_main.jpg

  • farinfraredheater_sub01.jpg
    ファーレイ遠赤ヒーター
  • farinfraredheater_sub02.jpg
    FIH型遠赤外線ヒーター
  • farinfraredheater_sub_graph.jpg
    各種熱源からの放射波長のエネルギー分布

製品特徴

最適な波長
最も効率的な3.73ミクロンの波長です。人体への暖房効果や、コーヒー豆等への加熱・火入れに最適です。
高効率な放射熱
高純度アルミニウム製パラボラ曲面等反射板による高効率な放射熱を実現。
耐久性・防滴性
金属製のため、振動・衝撃に対して強く、水滴等による破損の恐れがありません。
平均的な加熱効率
長波長の赤外線のため、被射体や色彩に左右されることがなく、平均的な加熱効率。
長時間作業に対応
赤外線ランプのように強烈な輝きがないため、長時間の作業に適しています。
熱散逸がない
方向性に富んだ熱照射のため、熱散逸がありません。

用途

  • 塗料の乾燥、焼付
  • フィルム、紙、布などの余熱、加熱
  • 食料品の乾燥、焼付
  • 合板の乾燥
  • スポット暖房
  • ベルトコンベアーの凍結防止
  • トンネル内のつらら防止
  • 屋根、歩道橋の融雪
  • 鉄道線路の融雪

仕様:FIH型遠赤外線ヒーター

型式番号 型式
A:標準型
B:強熱型
電圧
(V)
容量
(W)
有効発熱部 全長 ヒーター表面温度(℃)
FIH-1005 A 100 500 390 570 600
FIH-2005 A 200 500 390 570 600
FIH-1007 B 200 500 390 570 600
FIH-2007 B 200 700 390 570 600
FIH-1009 A 100 900 750 930 600
FIH-2009 A 200 900 750 930 600
FIH-1012 B 100 1200 750 930 650
FIH-2012 B 200 1200 750 930 650
FIH-1015 A 100 1500 1250 1430 600
FIH-2015 A 200 1500 1250 1430 600
FIH-1020 B 100 2000 1250 1430 650
FIH-2020 B 200 2000 1250 1430 650
  • 有効発熱部長さは標準形式にて2000mmまで製作しております
  • 容量は有効発熱部長さ100mm当たり180W(強熱用)〜110W(標準型)以下にて設計いたします
  • なお、容量誤差は±10%を標準としております

仕様:ファーレイヒーター

Ⅰ型 100V 250W
Ⅱ型 100V 375W
Ⅲ型 200V 250W
Ⅳ型 200V 375W

本ヒーターは絵赤外線ヒーター(標準タイプ)を円盤形状化した構造とし、遠赤外線放射の特性をいささかも損なうことなく、ソケットねじ込みでどこにでも簡単に取り付けることができるよう設計されています。
なお、ファーレイの標準規格は、一般の赤外線ランプと互換性を持つように設計されています。

関連製品

お問い合わせはこちらから

高い要求に対し経験と技術で最適なヒーターを提案します。様々な問題点に対し取り扱う製品を基に既製品にはないオーダーメードの新製品も製作することが可能です。

お問い合わせフォーム