脱鋳込みヒーターで製品の歩留まり改善

製品ジャンル : アルミかしめヒーター用途 : 溶解・溶融(接着)業種 : 製造

製薬会社様から、「アルミ鋳込みヒータを使用していたが、穴加工時にヒータを損傷し、表面に「す」が発生してしまい歩留りが悪い」とご相談をいただきました。

顧客のお困りごと

下記条件のヒーターが必要
  • 従来と同じ温度分布
  • 加工歩留まりがよい(“す”の発生や加工時のヒーター損傷

課題

課題1
鋳込み製品の品質
課題2
平面度・平行度・寸法精度の高さ
課題3
本格生産スタート時の品質担保

日本電熱の提案

ヒータかしめ技術
  • アルミ板にヒータを密着(鋳物レス)し、鋳込みに起きる「浮き」「ズレ」の解消
温度分布解析技術
  • 従来に対し温度均一性を向上
ヒータの寿命改善
  • 自社の寿命計算技術を活用
ポイント1
鋳物レスを提案
ポイント2
自社独自の温度分布解析技術
ポイント3
自社独自の寿命計算技術
type2 (1).jpg

解決できたこと

課題であった加工歩留まりが解消され、温度分布も従来より向上しました。
また、従来品より軽量化を実現し、コスト削減にも貢献いたしました。
製薬、食品容器などの製造業様にご対応が可能です。

関連する製品情報
担当者の声 次を目指して、ヒータの改良(薄型ヒータ)、熱板の薄型化を試作、提案させていただいています。(技術部 設計担当)

ソリューション事例

お問い合わせはこちらから

高い要求に対し経験と技術で最適なヒーターを提案します。様々な問題点に対し取り扱う製品を基に既製品にはないオーダーメードの新製品も製作することが可能です。

お問い合わせフォーム