従来製品のコストダウン

製品ジャンル : 検査用機器用途 : 流体加熱業種 : 製造

検査用機器製造メーカーから、「従来使用している製品のコストダウン」に関するご相談をいただきました。

顧客のお困りごと

管体にヒーターを挿入した構造品を使用していたが課題があった。

  • 競争力向上のためにコストを下げたい
  • 製造時の工数を削減したい
  • 漏れを抑える構造に変更したい
用途:洗浄水の加温
業種:製造業(ポンプ、分析装置)

課題

課題1
コスト低減
課題2
製作工数の低減
課題3
リスクの低減

日本電熱の提案

機能分析の実施
  • 最適なヒーターを検討
  • 納入後に組立レスとなる検討を実施
ヒーター方式の変更提案
  • 管体にヒーターをねじ込む方式から、鋳込みヒーターへ移行
ポイント1
リスクを含めた機能分析の実施
ポイント2
コスト対応可能な製品の選択

解決できたこと

省スペース化、漏れのリスク軽減および、顧客先の工数削減を具現化し、トータルでのコストダウンを実現しました。

関連する製品情報

ソリューション事例

お問い合わせはこちらから

高い要求に対し経験と技術で最適なヒーターを提案します。様々な問題点に対し取り扱う製品を基に既製品にはないオーダーメードの新製品も製作することが可能です。

お問い合わせフォーム