産業機器

IH加熱反応釜(誘導加熱)

IH加熱反応釜

開発経緯・ターゲット

業種
化学工場はエネルギー消費量が多いが、電化率が低く電化余地大。

お客さまニーズ
(化学)熱媒油・溶融塩はメンテ、取扱が大変。
(食品)工場内に熱媒油配管はクリーンではない。
(化学・食品)危険場所で使用したいので防爆構造がほしい。

熱媒油不要のIH加熱反応釜を開発・防爆構造も対応可能


温度カーブ
缶壁温度と液温の温度差(⊿T)が小さく被加熱物に優しい制御

対象業種

  • 化学工場・・・石油化学、樹脂、化学繊維、塗料、接着剤
  • 食品工場・・・健康食品(機能性食品・脂肪酸など油脂系)
  • 薬品工場

対象プロセス

  • 加熱
  • 蒸留
  • 溶融
  • 高沸点物質(農薬・潤滑油等)・機能性食品(グリセリン等)の合成

加熱源の温度帯


防爆構造型式検定合格品の仕様

使用電源 AC200V 三相
内容量(L) 100
加熱能力(kW) 20
反応釜材質 SUS329J4L
製品温度(℃) MAX300
防爆構造 本体:内圧防爆構造 端子箱:安全増防爆構造
冷却性能 内部水冷管

熱媒油方式との比較

①従来方式(熱媒油式)

油・ガス焚きのボイラから高温の油を供給し、反応釜を加熱

  • 引火性の高い「熱媒油」や「溶融塩」を使用
  • 多数の設備で構成されるため、大きな設置スペースが必要
  • ボイラなどのメンテナンスに手間

②IH加熱反応釜

誘導加熱により、反応釜自体が発熱

  • 引火性の高い熱媒油や溶融塩を使用しないため安全
  • 反応釜とインバータのみで構成されるため省スペース
    (熱媒油の約2割)
  • 省メンテナンス (一般電気設備同様、年一回程度のメンテナンスで可)
    (従来の熱媒油方式は、ボイラ・膨張タンクなどの点検・修理や熱媒油の交換が必要。)